2022年10月

秋っていつからニットを着てもいいの?

 

秋が深まり昼夜の気温差が大きくなる10月は,

実は上旬から下旬にかけて、

ひと月の気温差もかなり大きくなる月だそうです。

 

多少汗ばむような日はあっても、

最低気温が20℃を下回る日が増え、

 

少しずつ本格的な秋の気配を感じ始める10月上旬。

 

夏の服装では違和感が出てくるので、

秋物と夏物のアイテムを上手に組み合わせて、

体温調節がきく服装で対応するのがポイントですね。

 

こんな季節は何をきればいいのか?

悩むところですね!

 

コロナ禍でのアパレルの低迷が深刻な問題になっています。

 

家中スタイルが多そうでしたが、少しずつ・・・

ウイズコロナ推進へと新たな対策がとられています。

 

おしゃれをして旅行・お食事等お出かけがいいですよね。

 

そんな中でもっとおしゃれを楽しみましょう。

季節の変わり目に悩んでしまうのが、衣替えのタイミングですね。

 

5~6年位前は8月のお盆が過ぎたころには

秋冬用のファションが店頭でコーディネイトされ、

消費者も心がときめいていた時代もありました。

 

現在では”秋ニットを着ても暑くないかな?”

 

”秋ニットを着て浮いてしまわないかな?”と、

いつから秋ニットを着たらいいか分からなくて

 

悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

冬から春、夏から秋、季節の移りゆく中で

着るものを選ぶのって、本当に大変ですよね。

 

特に夏から秋にかけての期間は、

朝晩の気温の差が大きいこともあり、

毎日のコーデに苦労しませんか?

 

温暖化現象で9月であっても最低気温が20℃未満、

季節感が感じなくなっていますよね。

 

夏でも通用するような薄手の素材と冬にも

使えるモコモコしたような素材を合わせても大丈夫なコーデが

心地良い季節なのか?なーんて思いますよね。

 

 

でも最低気温が20℃未満の日は、夏コーデでは寒く感じる時があります。

 

 

 

 

秋ニットを着る気温になっていなくても、

 

9月末頃から秋アイテムを取り入れた先取りコーデができると、

嬉しいですよね。(少し、汗はかくけど)

 

「いつから」と線引きをするのではなく、9月下旬位から

気温に合わせて秋アイテムを少しずつ取り入れていけると、

一気におしゃれ感がアップしますよね。

 

いち早くトレンドにをゲットするには

 

自分自身で、先取りのコツを掴む様に心がけると

ファションを楽しめます!

 

秋コーデはまだ気温もたかいので、薄手のニットやアウターが

おススメです。夏素材でカラーが秋色とか。

 

一度に秋トレンドを取り入れたコーデになり、

気持ちもウキウキしますよね。

カラーで変化をつけるのが一番!

 

今年のトレンドカラーは青みがかかた紫色。

 

派手すぎず、地味すぎないのが青みがかかた紫色の良いところ。

コーディネートの引き立て役にもなる色として

 

この秋冬に大活躍するのではないでしょうか?

 

さらに、ロイヤルブルー。白、黒、グレーなどの

ベーシックカラーと組み合わせ、

全身の色味を抑えるとフェミニンな着こなしになりますよね。

 

黄みのあるベージュ・秋色ブラウンなどはおすすめです。

 

トレンドアイテムや、カラーを取り入れながら、

自分らしいスタイルを楽しみたいですね。

 

秋めいてきた10月は、いろんな種類のニットを

楽しめるちょうどいい季節です。



ニット一枚で着たり薄手のニットをインナーとして着用もでき、

10月はいろんなコーデが楽しめます。

 

朝晩の肌寒さが気になり始める10月上旬は、

羽織ものがいいですね。肌寒いと感じたらサッと羽織れる、

カーディガンやストールなどを服装にプラスしましょう。

 

タイトスカートのときは、トップスやアウターは

 

カジュアルなアイテムを選ぶのがおすすめ。

コンサバになりすぎず、今っぽく着こなせます。

 

羽織るだけでラフ感を演出できるニットカーディガンは、

一枚あると便利です。

淡色コーデのアクセントに、

 

カジュアル感のあるコーデにチャレンジできますね。

 

快適に秋コーデを着る期間としては、

10月から11月中旬位がいいです。

 

今年は、西日本や東日本の最高気温は22℃前後、

最低気温は15℃前後と予報ではなっています。

北海道の最低気温は10℃を下回る日が多くなるそうです。

 

厚手の冬インナーかアウターがなければかなり寒い感じです。

 

厚手の服が必要になる気温15度以下と言われていますが、

厚手のコートやニットが一番の時期ですね。

 

薄手のコーデで出られる限界はやはり

11月中旬くらいまでです。

11月中旬から12月はニットと厚手のアイテムが重要ですね。

 

後半からは寒くなるので厚手のニットセーターや

ニットコートが主役になりそうですね。

 


 


ほっこり厚手のニットなら肩もこらず・・・

シワなども気にならないし気軽に着れそうですね。

 

冬らしいレイヤードスタイルには柄や、

アイテムを積極的に取り入れたいですね。

 

チェック柄、花柄、ストライプなど

3つの柄をMIXする大胆コーディネートもトレンドです。

 

ざっくりと少し大き目のメンズライクに

 

着こなし、心地よい着こなしができますよね。

 

ニットはおしゃれ着にお出かけ着と、

おうちで楽しめるニットセットアップが欠かせません。

 

出来るだけシンプルなシルエットで

中にはキャミソールをインにして

モヘアー系のざっくりカーディガンを合わせたりとか・・・

 

ボトムは素足ではくからこそ美脚に見せたい!

 

ヒップ~太もも回りはほっそりと見えて

動きやすいように裾部分にはスリットが

入っているのがいいですよね。

 

又、2022年秋冬に注目されている

 

着たくなるふわふわのアンゴラ混素材を使用したもの。

 

秋にはブラウス上に合わせたり、

冬になると細身のパンツにポンチョを

 

合わせたり、スカートやワイドパンツにの最適です。

一気に寒くなる冬コーデは軽い厚手のコートがいいですね。

 

ニットの上に厚手のコートを羽織り、

お出かけには、マフラーや手袋をプラスして楽しみましょう。

 

 

++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

2022年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問合せ・お見積もりはこちらまで

電話番号: 06-6241-6187 FAX:06-6241-6144
WEBでのお問い合わせはこちら

会社情報

株式会社アルカンシェル

住所

〒541-0057
大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-6-10 ニューライフ船場1501

アクセス

各線堺筋本町駅より徒歩約5分 [アクセスマップ]

about-fb