スタッフブログ

拭き取り化粧水をバレンタインにおすすめ。

 

聖バレンタインデー・セイントバレンタインデーは、

キリスト教圏の祝いで主に欧米で、毎年2月14日に行われる

カップルが愛を祝う日とされているそうです。

 

元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した

「聖ウァレンティヌスに由来する記念日」だと、

主に西方教会の広がる地域においてかつて伝えられていました。


2月14日月曜日バレンタイン!


チョコと一緒に贈りたい”バレンタインプレゼント”を提案。

恋人や夫に贈る本命チョコレートには、

 

ちょっと気の利いた雑貨やグッドセンスなコスメを添えて、

特別感をプラスしたいものはどうでしょう。

 

“本命チョコ”におすすめの上質なボンボンショコラや、

“友チョコ”にぴったりなハート型チョコレートがオススメ。

 

好みに合わせたチョコレートを見つけて、

バレンタインデーを思う存分楽しみたいですね。

 

又、おしゃれな雑貨&小物ギフトをピックアップしてみました。

2022年のバレンタインは・・・

 

本命チョコレートと一緒にプレゼントを贈ってみては?

 


 


ファッション好きな彼に贈りたいアイテムは?

タオルやオーガニックコットン100%の

こだわり仕様なものがいいかと思います。

 

ハンドタオルなら”予算5,000円以内”で3枚セットが

購入可能なものもありますし、

ジャカードのバスタオルやロングフェイスタオルは、

 

オーガニックコットン100%で吸水性や耐久性、

安全性に優れたタオルや、

肌に優しい上質な使い心地なものがポイント。

 

大判バスタオルはソファカバーやストールとしても

使うことができ、ロングフェイスタオルもバスタオルとして

使える程の大きめサイズに仕上げられているのもあります。

 

また、有名人のロゴデザインのジャカードタオルに加え、

ミニマルな刺繍ロゴを配した

オーガニックコットン100%のタオルなどもあります。

 

さらに、パイル部分にオーガニックコットンとバンブーレーヨンを使用し、

色の濃淡で表現した”バンブー”のバスタオルや

 

フェイスタオル、ハンドタオルも

刺繍でさりげなく施されたのもおしゃれでいいですよね。

 

 

 

近年、美意識の高い男性が増えてきています。

 

”そんな彼へのプレゼントには”

 

スキンケアアイテムがおすすめです。

スキンケアに必要なアイテムが1つにまとまった、

ギフトセットなどがあります。

 

洗顔料や化粧水など、基本的なスキンケアグッズが入っているので、

美容に詳しくない彼にも使ってもらいやすいかも。

 

ギフトボックスや袋に入ってくるので、

買ってそのまま渡せるのも簡単でいいですね。

 

ニキビ・毛穴汚れ・乾燥などを気にしている彼には、

メンズ洗顔は、肌悩みに合わせて選んであげるのもいいですね。

 

高校生・大学生や10代・20代の彼には・・・

ニキビ・角質・毛穴汚れといった肌トラブルや、

 

乾燥肌などの肌タイプに合わせて洗顔料を選ぶのもいいし、

30代・40代・50代以上の彼には、・・・

 

年齢による肌悩みにもアプローチしてくれる

エイジングケア機能がいいですね。

 

ニキビや毛穴汚れ、テカリ肌にアプローチしてくれる洗顔料や、

ドラッグストアで市販されているコスパの泡洗顔などもおすすめ。

 

又、チューブタイプor泡洗顔?形状や洗い心地がいいので、

チューブタイプをはじめ、泡洗顔、固形石鹸、

粉末タイプなど、様々な種類があります。

 

コスメ初心者や多忙な彼には・・・

泡立てる手間が省ける泡洗顔がプレゼントには一番。

 

こんなトラブル肌が気になっている彼には!

 

 

 

くすみ・カサカサ・ザラつきが気になり始めたら

落としきれていない毛穴の汚れや、古い角質が原因かもですね。

 

そこで、洗顔やクレンジングでは落ちきっていない

古い角質や毛穴の汚れを取り除くための拭き取り化粧水です。

 

古い角質を取り除くことで、

化粧水や美容液が角層に浸透しやすくなり、

肌にうるおいを与えてくれるのでおすすめですね。

 

また、毛穴汚れに悩む彼にはトライしてほしいのが

洗顔後に拭き取り化粧水がいいと思います。。

 

つぶつぶとしたスクラブ粒子が古い角質を取り除いてくれ、

 

さっぱりとした洗い心地が楽しめて、あなた好みのすっきり肌に。

 

さらに、こだわりの美容成分スキンケアアイテムには

共通美容成分を配合しているものがいいですね。

 

保湿効果や整肌効果を持ったものや、

肌本来の美しさに働きかけて、

肌のベースを整えてくれるもの。

 

通常ならば洗顔、化粧水、乳液、クリーム・・・

など複数のステップを行う必要がありますが、

 

洗顔&化粧水という“最小限のアイテム”で補えて

本格スキンケアをしてもらいたいですね。

 

 

オールインワンタイプのジェルや、

洗顔料、クリームなどを選んでみては。

 

忙しい彼もササっと美肌ケアができるので、

毎日の生活にも取り入れやすいですよ。

 

おしゃれなパッケージデザインもあるので選んで、

楽しみたいですね。

 

又は、天然由来成分100%のリップバームはどうでしょう?

 

なめらかさや潤いをサポートするもの、

女性のようにこまめにケアをしない彼も、

一塗りで健康的な唇が手に入りますよ。

 

【オンラインショップはじめました】

 https://shop.an-ciel.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ふわふわ・もこもこセーターの着こなし

 

やはり、寒くなってきましたね・・・。

 

冬の期間全般の気温は、北海道で平年より高く、

東北は平年並、東日本と西日本では低くなる

予想が出されていて、寒い冬になりそうですよ。

 

12月になるとウールや裏地付きの厚手のコートが

必要になりますよね。とはいえ暖かい日もあって、

コートを脱ぎたくなることもありそうです。

 

外出先の屋内では暖房がききすぎていることがあるので、

脱いだり着たり、温度調節ができるようにしてきたいです。

 

これから冬本番を迎える1月には、

体にフィットしたインナー、シャツ、ウールのセーター、

 

そして厚手の長めのコート、ダウンジャケットが

必要になってきますよね。女性はスカートをはいたら、

 

厚手のタイツかブーツで防寒するほうがいいですね。

又、男性の場合、ズボン下まではいらないかもです。

 

”マフラーや手袋などで冷たい風から体を守りましょう”

 

 

 

 

そんな冬に備えて、今あるニット/セータープラスに、

うまくコーデ出来るか提案したいと思います。

 

冬のコーディネートにぜひ取り入れたい、

トレンドのモヘア・シャギー素材のニット。

 

”もふもふ”していて、ゆるっと感がたまらない、

可愛い雰囲気を作ってくれるモヘア/シャギーニット・セーター。

 

思わず触りたくなる”ふわふわ”でもこもこした素材は

着心地もさらっとしていて暖かく、ほっこり感があります。

 

デニムはもちろん、スカート、ガウチョパンツなど、

多種のボトムスとの相性抜群だと思います。

 

季節感を演出し、幅広いコーディネートが楽しくできそうですね。

又、ストール、マフラーなどの小物やブーツと

 

組み合わせて大人可愛い雰囲気が楽しめそうです。

軽くてあったかくてラフに着こなせる、

これからの季節にもってこいの、”ふわふわもこも”ニット・セーターです。

 

”柔らかで優しい印象に”

(モヘヤタッチローゲージニット、パフスリーブ)

 

 

思わず触れたくなる、ふんわりあったかモヘヤタッチニット・セーター。

 

起毛感のあるモヘヤタッチ素材は柔らかく、

優しく包み込まれるような着心地です。

 

ざっくりローゲージ(太めの糸でざっくり編まれたもの)は、

編地がゆるっと感を生み出し、

Vネックニット・セーターだと顔周りの綺麗魅せができます。

 

こなれ感をデザインする前後の着丈差や女性らしさ高める、

ぽわんとしたパフ袖も嬉しいかも・・・。

 

ゆるふわ感で大人女子の魅力を惹き立てる、

モヘヤ/シャギー素材のローゲージがいいですね。

 

見た目の可愛さと暖かさ、手触りの良さと毛が抜けにくく、

”ふわふわ・もこもこ”シャギー素材のプルオーバーニット・セーターが人気です。

 

今っぽいバランスのオーバーサイズ気味シルエットで、

お尻が余裕で隠れる丈感がかわいいです。

 

”ふわふわ”感の中に、しっとりとした重み&モチモチ感が

同居した肌触り抜群の編地です。

 

とても気持ちの良い着心地に加え、

毛羽立ちがおこらず質感劣化に強い点も魅力ですね。

 

又、さっとはおるだけで冬めくニット・セーターパーカーがおすすめ。

 

コートより気軽にはおれて、スウェットよりリッチに華やぐ、

ケーブル編みのニット・セーターパーカーもいいです。。

 

ふっくらボリューム感と、小顔見えするゆるっとしたフードが、

ワンピースに羽織ったり、きれいめカジュアルの、

 

大人かわいい味付けにぴったりです。

真冬のコートのインにも大活躍しますよ。

 

”ブークレ ニット/セーター”

 

 

ループ状のブークレ糸で編んでいるので

ふんわりとした風合いとイレギュラーに凹凸が出た表面が特徴的です。

 

また、この糸自体にストレッチ性のある糸がミックスされているので、

ギュッと目が詰まり肉厚でいて伸縮性も兼ね備えた編地になっています。

 

ボリュームを持たせているのでより美しいシルエットになっていますね。

素材とシルエットでよりぬくもりがあります。

 

又、ふっくらと厚みのあるボリューム感が、

暖か・かわいいかも。

 

もこもこの糸を使用した

ブークレ・ニットカーディガンやプルオーバーがおすすめです。

 

ヒザ位置まであるロング丈で、ヒップまわりを

体型カバーしながら、暖かく過ごせて、

 

ざっくりルーズに羽織れるシルエットが

トレンド感たっぷりです。

 

アウター感覚で着られるコーデとしてもいいし、

ワンマイルウエアやショッピングモールなどへのお出かけ、

車移動などでも大活躍の1枚になりそう。


”ニット/セーター レディース バルーンスリーブ”

 

 

バルーンスリーブで女性らしい印象になりますね。

パールボタンでよりさらに女性らしくカーディガンでおしゃれ度アップ。

 

又、カーディガンやボタンをしめてプルオーバーとしても

着こなしできます。ボリューム袖で今年らしさも取り入れ、

ジーンズでも女のらしくコーデができます。

 

さらに見た目の可愛さと暖かさ、手触りの良さと

毛が抜けないクオリティで、”ふわふわもこもこ”・シャギー素材の

 

プルオーバーニット・セーターはトレンドですね。

さらに、今っぽいバランスのオーバーサイズ気味シルエットで、

お尻が余裕で隠れる丈感もおすすめです。

 

これからの季節にもってこいのアイテムです。


++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

母や祖母の着物を遺品整理をしていたら・・・

 

うわ~

おばあちゃんから譲り受けたたくさんの着物、

どうする??

正直、どう扱っていいのか・・・?

 

面倒だからといってもらうだけもらって何もしないと、

せっかくの着物もあっという間に色あせしてしまうし・・・。

 

そんなのもったいないしぃ。

 

悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

 

家族や親せきなどの遺品整理していると、見つかった

“高価な着物”の処分方法にほんと困りますよね。

 

やはり、思い出が沢山詰まった着物の、

保管スペースもないし、捨ててしまうのも気が引けるし・・・。


そこで、”着物の遺品整理”にスポットを当てて、

いくつかある着物の処分の方法を

それぞれ提案したいと思います。

 

形見として保管して残しておく!

 

 


故人が生前よく着ていた着物などは、

家族にも特別な思い入れがあるものが多いですよね。

 

大切に保管していた着物は受け継いで、

残しておくのが一番だと思います。

 

でも、着物が大量に遺されている場合には、

保管場所も大変なので、全てを残すわけにはいかないですしね。

 

そんな場合は、自分の生活に邪魔にならない範囲で

優先順位の高い1枚~数枚を取り分けて、

大切に保管し残しておくのもありです。

 

以前なら嫁入り道具の定番”桐の和箪笥(わだんす)”があり、

わだんすには防虫性・防湿性が備わっており

着物を保管しておくにはうってつけの家具だったんですが。

 

今は着物を保管する際にプラスチック製の

収納ケースを使われるかもしれませんね。

 

プラスチック製の収納ケースは風通しが悪いため湿気がおこりやすく、

カビが生えやすい環境をつくってしまいがちです。

 

プラスチック製のケースを使う場合には、まめに風を通すことが大切!

特に湿気を溜め込みやすい段ボールに着物を保管するのは避けたいですね。

 

その場合は虫食い対策として、

除湿剤や除湿シートを紙に包んで四隅に置くようにしましょう。

又、年に1回は虫干しをしたいです。

 

6~7月、10月、1~2月で直射日光を避けるようにして陰干しして下さい。

この時に合わせてカビや虫食いがないかもチェックをおすすめします。

 

実際におばあちゃんの着物を譲り受けた人たちって、


どうしておられるのでしょうか?

 

 

いいタイミングだと思って着付けを習ってみるのもよし、

又、昔の人が着物を着る機会が多かったとしても、

 

今でも着れるような着物をたくさん譲り受けるようなケースは、

そんなに無いと思います。

 

最近は50代になってから着物を着始める人も増えているみたいです。

これをいい機会だと思ってカッコいい大人の女性を目指し、

着付けを習ってみるのもいいかもしれないと思いますね。

 

また、着付けをきっかけに身の回りにある”和”の

ルーツに目覚める人も多いみたいですー。

 

さらに、”洗い張り”といって、着物をいったんほどき、

反物の状態にまで戻し仕立て直すこともありますが、

結構、費用がかさむかもしれません。


あるいは寄付する!

 

不要になった着物でも、寄付をする事で

別の場所で有効活用してもらえる事もありますよね。

 

寄附した着物は、着物が好きな人に着てもらうことができて、

着物の寄付によりポリオ・ワクチンなどへの募金活動も行えますね。

 

例えば、非営利団体のNPO法人などに寄付したり

着付け教室に振り分けたりして、使ってもらう事もできそうです。

 

また、地域で活動しているボランティア団体に寄付することもで、

寄付した着物は、地区センターなどで催されるし、

 

手芸講習会で材料として使われたり、

NPO法人と提携してリサイクルしたり、

 

海外への支援活動に使われたりと、社会に貢献することができますよね。

着付け教室などに知り合いがいる場合は、

直接持ち込んでもいいかもですね。

 

リメイクして再利用する方法!

 

 

 

 

着物をリメイクして再利用するのも一つの方法ですね。

そのままだと保管場所や保管方法に困りますが、

 

バッグや、タペストリー、シュシュや洋服等にリメイクし、

再利用すれば、思い出の品をいつも側に置いておく事ができます。

 

着物は縫い糸をほどくと四角の布の状態に戻すことができるため、

比較的容易に何にでもリメイクが可能なんですね。

 

さらに、リメイク後のはぎれも活用できます。

大きめのはぎれなら、ランチョンマットやお弁当用バッグ、

クッションカバーなどの再生ができます。

 

それほど大きくないものならペンケース、スマホケース、

ブックカバーなどが作れるので楽しみです。

 

パッチワーク用のパーツにしてもいいですね。

また、テディベアなど和風のぬいぐるみを作ったり、

ヘアバンドやシュシュなどアクセサリーにも向くと思います。

 

自分で作るのが難しいという人は、

リメイクの専門店に依頼してみてもいいですよね。

 

ドレスやコート、ブラウス、トートバッグなどに仕立て直しも可能です。

傘、ポーチ、アクセサリーなどの小物やスカートなども

制作してもらえるそうです。お金はかかりますが・・・。

 

どのような方法を取る場合でも、着物はずっとタンスにしまっていると

虫食いやシミなどができてしまいます。

 

着物は、女性の思いがこもっているものです。

供養の思いを込め、なるべくきれいな状態にしておきたいですね。


++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

教師も服装をおしゃれに!

 

オンライン授業や対面授業の中でも・・・

教員になって間もない方にも・・・


普段の服装選びに困る…という方も多いのではないでしょうか?

又、どんな服装がふさわしいのかお悩みではないでしょうか?


今回は、女性教師におすすめのコーデ例を紹介したいと思います。

スーツやジャージをはじめとした、

アイテムの種類別にまとめてみました。


教師の服装に求められるのは、何といっても”清潔感”や”きちんと感”ですね。


常識の範囲内ならおしゃれを楽しんでも良いと思いますが、、

生徒の模範となる”教師”として、分別のある服装が好ましいと言えます。


マナーを守りつつもおしゃれを意識したコーディネートとはどのようなものなのか、

ここで一気に紹介したいと思います。


秋はモノトーンに!落ち着きのあるコーデが好印象!

 

 

秋は、落ち着いたトーンのコーデがトレンドです。

全身を「モノトーン」で仕上げたコーデがおすすめです。


例えば、ギンガムチェックのパンツに無地の白トップスを合わせて、

黒カーディガンを羽織ったシンプルなコーデです。


ボトムスやインナーを「モノトーン」な色でまとめ、

カーディガン自体にほどよいラフ感もあるため、

 

堅すぎるコーデは苦手という方にもおすすめですね。


又、柄物パンツは子供っぽく見えやすいものの、

全体をモノトーンでまとめることにより、

大人っぽい印象に仕上がると思います。


柄物のパンツを履く場合には、

足元はヒールの低いパンプスを選び、

 

スニーカーだと、いくら落ち着いたトーンでまとめていても幼く見えてしまい、


白ソックスをプラスするとトレンに足元に仕上がります。

 

冬の校内ではロングカーデが活躍!シャツとの重ね着で暖かく!

 

 

冬の校内では、アウターを脱ぐのが常識ですね。


そこで防寒、おしゃれ、きちんと感を全て叶えるのが

”ロングカーディガン”を取り入れたコーデです。


羽織るだけでもスッキリとした縦のラインを意識したシルエットができ、

品のある印象に仕上がります。


トップスやボトムスは、できるだけシンプルにすることで、

こなれ感のあるコーデにもなります。


さらに細見え効果も期待できるため、

体型カバーにもぴったりですね。


インナーには、かっちりとした”シャツ”や”ブラウス”を組み合わせて、

華やかな印象を与えられ強いコーデにもなります。


ロングカーディガンを腕まくりしてシャツの裾を出し、

一回折り曲げるとこなれ感のキッチリコーデになります。


パンツは、ぴたっとしたスキニータイプ、もしくはスーツがおすすめですね。


小学校なら動きやすさを大切に!


小学校教師なら、生徒と一緒になって活動をする機会が多いため

動きやすさを重視したコーデにしたいです。


生徒の保護者と関わる機会も多々あるので、

清潔感のあるきれいめなコーデに心がけたいです。


トップスは袖部分にゆとりがあるものをおすすめ。

カラーは清楚な印象の白が理想的ですが、


低学年を担当していると汚れる可能性もあるため、

黒や茶、グレーでも良いと思います。


スタイルが綺麗に見えるハイウエストパンツにインして、

きれいめなコーデにしましょう。


中学校は校則を意識したきちんと感のあるコーデに!

 

 

中学校なら、何より”きちんと感”のある服装がベストですね。


思春期の生徒たちの服装を指導する立場でもあるので、

模範となるような雰囲気のコーデが求められます。


教師が派手な服装をしていたら、生徒たちに示しがつかない時もありますよね。

 

普段からスーツを着用する必要はないと思いますが、

キッチリとした服装を心掛けてください。


ブラックとベージュのモノトーンでまとめた、

きちんと感のあるコーデが重要ですね。


ベーシックな黒トップスに、アンクル丈の

ベージュのストレートパンツをあわせた、

コーデがおすすめです。


高校なら華やかに!唯一おしゃれができる!


規則が緩く、保護者との関わりもグッと減る高校教師なら、

おしゃれを楽しんでも大丈夫です。

 

社会人としての分別のある服装であれば、

好きなスタイルで問題ないと思います。


あくまでも”きれいめ”にまとめるのは必須ですが、

思い思いにおしゃれな服装を楽しみたいですね。


デザイン性の高いブラウスを主役としたコーデで、

行き過ぎ感のないおしゃれな組み合わせに。


ボトムスはパンツでもスカートでも問題ないと思うので、

時と場所によって合わせて選んでください。


生徒に”あの先生はおしゃれ”だと思ってもらえれば、

親しまれること間違なし・・・です。


ジャージはあり?ラフすぎるファッションは?

 

 

体を動かしたり、汚れるたりする機会が多いと、

”ジャージ”が最も都合が良い服装のコーデです。


運動会の時期を例外として、一日中ジャージで過ごすのは避けたいですね。

あまりにもラフすぎるし、教師としてはどうでしょう?


普段の活動はもちろん、体育の授業にも必須のジャージパンツですが、

組み合わせによっては様々なトップスにマッチすると思います。


特にコーデの自由度が高い無地デザインは、チノパン感覚で使える点が魅力ですね。


さらに、ライン入りのジャージパンツの場合は、

襟付きシャツなどとコーデすることで

スポーティーな雰囲気を抑えることもできます。


他のボトムスに比べると、お手入れもしやすいため、

チョークの粉の汚れが気になるという方にもおすすめですね。

 

是非、参考にしていただければ幸いです。

 

++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

 

ニットやセーターはクリーニングに出す?

 

ニットやセーターは自宅でお洗濯されますでしょうか?

 

素材によっては家庭で洗濯できるのもありますが、
大切なニットを洗濯機で洗って縮ませてしまった・・・
なーんて、経験がある方もおられるかも?

 

あるいは手洗いをしたのに
ニットやセーターの風合いがなくなった・・・
という失敗がある方も多いかもしれませんね。

 

手洗いの前に大切なニットやセーターを
フェルト化したり縮まないようにしないためには、
まず洗濯表示を確認したいです。

 

手洗いや洗濯機マークがあれば、
専用の洗剤を使う様にしましょう。


洗濯機で洗えるものでもニットやセーターは
摩擦に弱いので、必ず洗濯ネットに入れて、

 

決して摩擦し合わないように洗い、
柔軟剤で仕上げる事をおすすめします。

 

又、手洗いの場合は過度な押し洗いをしないことですね。

 

洗濯前のセーターの形や大きさ、
サイズなどを書いて写し取っておき、

 

洗濯後(20秒くらい脱水しておきます)に、

干す前に写しておいた形に合わせて優しく伸ばし、
形を整えるといいです。

 

まずは、お持ちのニットやセーターを自宅で

洗濯できるかできないかは、洗濯表示を確認しましょう。


自宅で洗濯できるニットやセーター、できないニットやセーターは?


下の画像のような「たらいマーク」に×印がついていなければ、
家庭での洗濯ができるということですね。

 

ニットやセーターに付いているタグの洗濯表示マークで
確認ができるので確認してくださいね。


 

手洗い可。洗濯機では洗えません。おしゃれ着用洗剤

Xの場合。水洗い不可。場合によっては

     ドライマーク専用洗剤で洗える場合もあります。


プレーンな形でも、金具やスパンコール、ビーズ刺繍などの
装飾がないものなら、おおよそ手洗い洗濯ができます。

 

ただし、絹・レーヨン・キュプラ・アセテートなどの素材や、
これらが混紡されているものは避けた方がいいです。

 

特にカシミアやアンゴラなど風合い重視のものや高価なものは、
自宅での洗濯はやめてクリーニング店をおすすめします。


ニットやセーターを洗濯機で洗う時

 

 

洗う時はネットにイン!

 

ニットやセーターはデリケートな素材なので
洗濯に欠かせないのがおしゃれ着洗剤と洗濯ネットです。

 

ふつうの洗濯用ネットなら、薄型の四角いネットで、
ニットやセーターを2つ折りにして
ぴったり入るくらいのサイズがベストですね。

 

デリケートな素材を傷めにくく、
なるべく、目の細かいものを選びたいですね。


洗濯中のこすれやほつれを避けるためにも、
なるべくネットの中でセーターが動かないのが理想です。

 

そのままニットやセーターを入れてしまうと
伸びて型崩れを起こしてしまう事があるので

 

セーターは裏返して汚れた部分が外側になる様に
たたんでネットに入れる様にしましょう。

 

カーディガンなどであれば、
ボタンやファスナーは閉めておきます。

 

脱水は20秒ほどで止めてすぐにとりだして
平干しで日陰に干してください。

 

又、ニットやセーターは摩擦に弱い
素材を使っていることが多いので、

 

洗濯機の場合はやさしく洗える「ドライコース」や
「手洗いコース」などを選択してください。

 

さらに、ニットやセーターを洗うときは水を使いましょう。
色移りなどが起こしやすいものは、
単品洗いする様に心がけたいです。


デリケート素材は迷わずクリーニングへ!

 

 

手入れが難しいニットやセーターは、
クリーニングに出す事をおすすめします。

 

クリーニング店では水を使わず溶剤(油でできた洗剤)
で洗うドライクリーニングが用いられていて、
ニットやセーターもふんわり仕上げてくれます。

 

時間がないのであれば、デリケート素材や
水洗い不可の表示があるものについては、
クリーニング出しがいいです。

 

でも料金がかかるので、ニットやセーターを
クリーニングに出す頻度は、どうなんでしょうね。

 

素材や着用頻度によって変わるかもしれませんが、
頻繁に着用するというひとはシーズン中1~2回くらいでしょうか?
衣替えの前に1回が目安にしたいですね。


クリーニングに出す前のチェック!

 

 

クリーニング店でも確認されますが、チェックをしておく
ことで、トラブル防止になるのでおすすめです。

 

シミがないか?
破れやほつれがないか?

 

ボタンが取れかけていないか?
袖口や襟元などの汚れやはないか?
脇下部分に破損していないか?

 

・・・などで、価格の安さだけで選ばないでください。
又、料金が明示してあるお店を選びましょう。

 

処理方法など丁寧に説明してくれるお店を選びたいですね。
預かり証を発行するお店を選ぶのは必須です。

 

しみや汚れがある場合は、何の汚れかなのか?
いつ付着したものか?など具体的にお店に伝る方がいいです。


さらにクリーニング返却後の衣類の点検も重要ですね。


品物を受け取る時のポイントは!


預けた品物が全てあるかを、お店の人と一緒に確認したいです。
出来るだけその場でビニール袋から出し、
しみや汚れの落ち具合をチェックする様、心がけましょう。

 

カバーを外さず収納・保管した場合は、
変色等が起こる恐れがありがちなので、

 

必ず外して、陰干しを行なってから収納します。
ポリ包装カバーは、お店からご自宅までの汚れ防止が目的だそうです。

 

なので、防虫剤・防湿剤・防カビ剤等を正しく利用したいです。
(※ラメ製品は防虫剤でラメ部分が消失することがあるで、
気をつけたいですね)

 

いずれにしても、クリーニングに出す際は、お店選びの時は

料金形態や保管サービスの有無や、セール情報などもチェックして利用したいですね。

 

++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

ニット/セーターのお手入れ

秋冬や春夏に活躍してくれるニット/セーターの
お手入れはどうしたらいいのか?
悩みませんか?

 

又、何回着たら洗うべきなのか?
洗濯すると洗濯時の形くずれや縮み、
毛玉などはどうしたらいいのか?

 

季節変わりの目は、いろいろ悩みも多くなりますよね。

 

さらに、クリーニングに頼るとお金もかかるし・・・?
自分で洗濯すると失敗するかもしれないし・・・?

 

せっかく購入したニット/セーターを
長く着用するには”普段のお手入れ”が大切ですね。

そこで家庭で洗えるお手入れを紹介したいと思います。

 

まずは1日着用したは休ませましょう。

 

 

1日着たニット/セータは、毎回のお洗濯はしない方が多いと思います。
・・・なので、すぐにタンスに片付けない方がいいと思います。

 

肩の部分に滑り止めのついているハンガーとか
又は、ハンガーの両肩に滑り止めのゴムをつけるとかにして
一時的に吊るし、ニット専用のブラシで埃を落としてからがいいですね。

 

そうして数時間休ませてから、
たたんでタンスなどに片付けることもおすすめします。

 

又、ハンガーに長時間吊るす時は、両肩が崩れたり伸びたりする
原因になってしまいますから、きれいに型崩れしない様に
2つ折りをしてハンガーにかけておくのもおすすめです。


ニット/セーターのシミは、見つけたらすぐに処理をしましょう。

 

ブラッシングするときに、ニット/セーターをチェックしましょう。
特に汚れていなければタンスなどにに片付けても大丈夫ですが、
シミがあったらすぐに処置をしたいですね。

 

少しの汚れなら、裏見頃にあて布を当て、
少し濡れたタオルで軽くたたきながらつまみ洗いをしてみましょう。

 

それでも落ちない場合は
クリーニング店に出す事をおすすめします。

 

大切に長く着用するには毛玉はすぐに取っておく様にしましょう。

 

 

ニット/セーターをブラッシングしたときに、
毛玉はよくできやすいので確認したいですね。

 

小さな毛玉は、ハサミの先端部分を使い、
丁寧に編地を傷つけない様に注意してカットします。

 

毛玉がたくさんある部分は、専用の毛玉取りを使うほうが簡単です。
毛玉ができている方向にゆっくりを毛玉取りを使いましょう。

 

ニット/セーターの家庭でお洗濯するには?

 

ニット/セーターをお洗濯をする前に、まず洗濯表示を確認したいですね。
手洗い不可のマークがあるものは、クリーニング店に出した方がいいです。

 

手洗いマークが表示されていれば家庭でも洗えますが、
中にはクリーニングも不可というニット/セーターもあります。

 

なるべくニット/セーターを購入する時に洗濯表示を確認し、
お手入れしやすいかどうかでニット/セーターを選ぶことも大事ですね。

 

特に、お手入れの難しい秋冬ニット/セーターに関しては、
購入時には気をつけたいですね。


家庭でお手洗いする前に確認すること・・・

 

・洗濯表示の確認

 

洗剤に気をつけたいですね。
ふだんの洗濯に使っているものではなく、
ニットが洗える中性洗剤かドライ用の洗剤を使用したいですね。

 

クリーニング店がドライクリーニングで使用している
ドライクリーニング溶剤が配合された洗剤もあります。

 

ただし、洗える物や洗えない物もありますので、
説明書をよく読み目的に合ったものを選びたいですね。

 

 

・色落ちの確認

 

いきなり洗濯するのは危険です。
色落ちしないかの確かめたいですね。

 

裾裏や袖裏など、目立ちにくい部分に選んで洗剤を少量つけ、
5分くらいたったら白い布で軽く拭き取ります。

 

白い布に色がつかなければ大丈夫ですが、
色がついた場合は色落ちする可能性があるので、

 

他の洗濯物に色移りしない様に単品で洗う様にしましょう。


洗い方(洗濯機でのつけ置き)

 

脱水がスムーズなので洗濯機でのつけ置きがおすすめですね。
もちろんバケツや洗面所でのつけ置きでも可能です。

 

洗濯表示を確認をし、ぬるま湯の場合はバケツでのつけ置きいいですが、
お湯は縮む場合があるので出来るだけ水洗いがいいです。

 

水の場合は、洗濯機を10秒間程度回してよく洗浄液をかき混ぜてください。
このとき必ず衣類が浸る量をがいいです。

 

きれいにたたんでから入れましょう。
目安時間は5~10分程度えす。
型崩れが気になるニットやセーターなどは洗濯ネットにいれてつけ置きがいいです。


・脱水し、軽くすすぎましょう

 

すすぎの前に一度脱水しますが、このとき洗濯機が本回転し始めてから
5秒程度でとめるようにしましょう。

 

脱水後は新しい水を入れ、くぐらせるように衣類をすすぎます。
すすぎが終わったら、再度脱水を5秒程度行い軽く脱水します。、

 

すすぎ終わったら軽くたたき、厚手のバスタオルの上に置きます。
タオルに水分を吸わせるように、ニットの水分をとっていきます。

 

・干し方

 

干すときはハンガーを使わないでください。
お風呂のふたを使ったり、専用の干し台などを利用したりして
ニット/セーターの形に整えてから、自然乾燥をさせます。

 

ポイントは元の形になるように、サイズスペックを意識しながら
必ず陰干ししましょう。


ニット/セーターは専用の洗剤をつかえば出来るだけ自宅でお手入れできますが、
大切な傷みや縮みが不安な時はクリーニング店に出しましょう。


++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

サマーニットで可愛いいワンマイルウエアー


ワンマイルおうち着から、おうち居酒屋、おうち趣味など
今着たいのは断然心地いい服。

ちょとお出かけに適した、ワンマイルウエアーが
難しいと悩みますよね。

ワンマイルとは​家から1マイル(約1.6キロ)の
お出かけにぴったりな服のこと。

ちょっとそこまで・・・

 

ゆる ゆったりめのバッグデザインで後ろ姿も華やかに
見せてくれるサマーニットがおすすめです。
 

ゆる ゆったりのパンツやスカートとの組合わせもいいですね。

又、シンプルでスタイルがよく見えるシルエットには
すっきり感のあるプルオーバーがいいです。

 

シンプルなデザインでコーディネートしやすい1枚があれば・・・。

 

梅雨あけはまだだけど
いよいよ夏本番だし、“可愛い”が何より!

 

時にはとびきりロマンティクに、らくちん
おしゃれを楽しんでみてはどうでしょうか?


おうち時間を充実させるルームウェア。

 

例えば立体感のあるワッフル生地で肌心地も良く
シワになりにくい特徴があり、
カラーや着方で印象が変わる変幻自在の万能ウェア。

 

どうでしょうか?

 

又、ワッフル Vネック ワンマイルウェアー のプルオーバー、
大人 チュニックなど、お尻が隠れる丈、

ゆる ゆったり 涼感 体型カバー 楽ちんで着用できる
シルエットがおすすめです。


幾つかのデザイン・ニット素材を提案しながら、
参考にして頂ければっと思います。

 

短時間で準備OK。サマーニットのワンマイルウエアー。

 


洗えるトリアセテート入りコットン・麻

清涼感漂う、リラックスサマーニット

 

ハイゲージの透かし柄でキレイめに仕上げた
プルオーバーニットがいいですね。

 

着痩せ効果があり程良いオーバーサイズと、
ドルマンスリーブなら ゆる ゆったりめで着やすい。

 

又、裾は前後差のあるスリット入りで気になる
ウエスト周りをカバーができるので、

 

どんなボトムスとも相性が良く、
清涼感のある着心地の良いニットアイテムがいいです。

 

さらに、ミドルゲージではサイドボタン付きで
フレンチスリーブニットやVネックのゆったり ざっくり が
おしゃれなワンマイルウエアーにも快適ですね。

 

素材は軽く、光沢があり色が鮮やかな天然繊維がいいです。
冷感、軽さ、通気性、洗濯後変形しにくいのがいいです。

 

真夏でも気持ちよく着用できるのが一番ですね。


UVカット綿100%使いサマーニット

 


女性らしい ゆる ゆったりのフレアー袖が
ワンマイルおしゃれでいいです。

 

フレアー袖山にアンティークボタンがついているので
開け閉めでデザインが変わり2WAYデザインを楽しめますね。

 

ゆる ゆったりしたシルエットは涼しく、おしゃれに体型カバー。
程よい開きのすっきりVネックですっきり表現できます。

 

素材は肌に優しい綿100%素材を使用し、
夏に活躍するハイゲージのサマーニット。

 

さらに、UVカット機能で
照りつける太陽から肌を守ってくれる
UVカットニットは夏の強い味方です。
紫外線を気にせず夏を楽しめます。

 

UVカットでも洗える無縫製ニット

 

参考資料icb

 

ゆる ゆったりシルエットが
ホールガーメントという無縫製の技術で、

編み上げる風船のような丸みのある
 ゆる ゆったりシルエットで着心地抜群。

 

身頃、袖共にやや丸みを付けたシルエットが
着用時に涼感が感じられ一枚でも簡単に着用ができ

シームをそぎ落とすことができていて、、
ゆる ゆったりに着用がでておすすめです。

 

素材はコットンに特殊なUVカットセラミックを
練りこんでいて、UVカット機能とポリエステルを合わせている、
盛夏に向けた機能性と風合いが特徴のハイゲージがおすすめ。


多機能素材で美しく心地よい、バックフレアカットソー

 

 

シンプルでスタイルがよく見えるシルエットが魅力のプルオーバー。
バッグデザインで後ろ姿も華やかに見せてくれるアイテムです。

 

シンプルなデザインでコーディネートしやすい1枚なので、
パンツや、細身のスカートとの合わせやすいです。

 

素材は独特なしなやかさとドレープ性がある、
サラッとドライタッチが特徴の素材を使用しています。

淡色でも透けにくく、UVカット性、
吸汗速乾性の高い多機能素材ですね。

 

又、接触冷感・UVカット・吸水速乾のあるカラーパンツ。

 

暑い時期でも快適に過ごせる!

 

シンプルなカラーテーパードパンツがおすすめです。
ウエスト位置を高くし、ヒップから太ももにはゆとりを持たせていて、

 

足首に向かってすっきりと細く見えるようなスタイルアップデザインです。
後ろウエストはゴム入りで着心地よく 、

股繰りにゆとりを持たせることでゆとりがあり

 

きれいめながらもリラックス感のあるシルエットがいいです。

 

素材は綿麻混ならではの天然表情が特徴の素材。
シワになりづらく、ストレッチ感があり、

 

接触冷感・UVカット・吸水速乾と夏にぴったりな機能があり
家庭での丸洗い可能が一番ですね。

 

++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

 

通勤の服装選びはどうする?

 


コロナ禍で週1のみ出勤の方や在宅勤務で

リモートワークでの働き方が変わり・・・

なかなか、おしゃれ度から離れてしまいがちですよね。

 

そんな中でも普段の生活には心地良いもの、

快適なものを意識したいですね。

 

コロナが終息して、通勤が始まる方やスキルアップで転職を

考えられている方など増えてくるかもしれません。

 

又、初めて社会にでる方は「通勤の服装選びに困る・・・」

という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はおすすめのコーディネート例を紹介したいと思います。


“春はカーディガンが大活躍!”


春のコーディネートには、「カーディガン」が重宝しますよね。

時々肌寒い季節にはパーカーやフリースを羽織る方も

 

おられるかもしれませんが、

これらはラフな印象が強いため通勤には避けましょう。

 

カーディガンならきれいめな雰囲気に仕上がるため、

きちんと感が要される服装にぴったりです。

 

特にニットアンサンブルがいいですね。

全身コーディネイトでは、インナーはベーシックなデザインものを選び、

シンプルなカラーのものがベストです。

 

ボトムスはスカートでもパンツでも構いませんが、

品のあるものを選びましょう。

 

露出が多い過激なものや、

カジュアル過ぎるものは避けるべきだと思い、

おすすめするのがワッフル柄カーディガンを使ったコーディネートです。

 

細かい凹凸が特徴的なワッフル編みのカーディガンは、

見た目にふんわり感があるため、

春シーズンのコーデにマッチすると思います。

 

より華やかさをプラスしたい場合には、

インナーをパステルカラーでまとめてみるのもいいですね。。

例えばロングカーディガン×白トップス!

 

おすすめが”ロングカーディガン”を使ったコーデです。

縦ラインを意識した長めのカーディガンは、

スラリとしたシルエットにまとまると思います。

 

薄手のデザインを選ぶことで、動きやすさも確保できて、

おしゃれ感を演出できるコーデにしたい方にはいいですね。

 

さらにおすすめするのがパステルカラーカーディガンを使ったコーディネートです。

カーディガンは春シーズンを中心に活躍してくれることから、

 

季節を意識したパステルカラーをミックスさせるのも良いですね。

特にオレンジやライトグリーンなど、明るい色を選ぶことで、

華やかな印象を与えられると思います。


“夏は涼しげにおしゃれ!”

 

 

暑い夏は、リネンlラインのスカートやテーパードパンツで

涼しげなコーディネートで乗り切りたいですね。

 

パワーショルダーTシャツ×パンツスカートの組み合わせだと

カジュアルになりがちですが、

それぞれ品よく見えるシルエットをアイテムに選ぶといいです。

 

Tシャツは綿や麻系を選び、コンパクトできちんと感のあるものがおすすめ!

ボトムでは出来るだけデニムを避け、

 

ウエストリボンがついていたり、ウエストマークするデザインで

上品なものを選らびましょう。

 

毎日コーディネートでは、「クルーネックT」なら、

程よいハリとナチュラルな素材感と品のあるストレートシルエットで

きれいめな印象の強い服装がぴったりだと思います。

 

一枚で品よく着られるクルーネックTは

スリーブのデザインバリエーションを組み合わせてみてくださいね。

 

“新人生はスーツが無難 “

 

 

おすすめするのが”ネイビースーツ”を使ったコーディネートです。

スーツのなかでも定番のネイビーは、

若々しい雰囲気のファッションにまると思います。

 

靴やトップスに白やベージュをアクセントで入れてみる事で、

大人っぽいレディースコーデに仕上がります。

 

又、首元にプリーツが入ったブラウスはや、

シンプルなクルーネックよりもエレガントにアピールできますよね。

 

特に白のプリーツブラウスは、ネイビー以外のベージュ系スーツや

カーディガンなどにもよくマッチすると思います。

 

優しい雰囲気のコーデにしたいという方にはおすすめ!

さらにおすすめが”グレー系スーツ”を使った。

 

レディーススーツのなかでは明るい色味であるため、

ジャケットやパンツと併せるだけで、

こなれ感のあるおしゃれコーデになります。

 

特に無地や大きめの柄が入ったグレー系ジャケットは、

ブラウスやチノパンなどと合わせることで、

おしゃれなすっきりコーデになります。

 

落ち着いた色味のジャケットなどのアクセントとして使うのもありです。

 

軽やかなシフォン素材のブラウスを、

スーツやジャケットインで併せることで、

上品でフェミニンな雰囲気にまとまります。

 

また、全体にプリーツをあしらったブラウスを併せることで、

ナチュラルに体型カバーができる点もいいですね。

 

堅すぎる雰囲気のスーツコーデになるのが苦手

という方には、レイヤードブラウスを使ったコーディネート。

 

複数の生地が層になっていることから、

コーデ全体にほどよいラフ感を出せます。

 

裾部分がファッションのアクセントになるため、

シンプルなジャケットやパツと併せるだけでも、

おしゃれに決まると思います。

 

最後に快適に着られるジャストサイスが,

見つけられる事を楽しんでくだされば幸いです。


++++++++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

アパレルOEMとODMの違いとは?

 

アパレルの仕事に携わっていたら「OEM」「ODM」という言葉を

聞いたことがあるけど・・・意味が解らない?

違いが分からない方も多いのではないでしょうか?

 

アパレルにおけるOEMとODMの違いについて説明したいと思います。

例えば、独自でのオリジナルブランド(PB)を立ち上げる時や

アパレルで展示会をするときにも

 

製造工場に依頼をし、製品化にするときは

委託をしなければなりませんよね。

今回は、そんな方たちへOEMとODMの違いについて

紹介していきたいと思います。

 

そもそもOEMとは?

 

OEMとは、Original Equipment Manufacturing(またはManufacturer)の略語で、

頭文字をとって製造工場となります。

 

相手先ブランドによる製造工場や納入先商標による受託製造工場などと訳されます。

OEM生産は、販路や企画力はあるけど、生産背景がなく製造者に委託しながら

 

発注するアパレル依頼者の仕様・デザインに従って製造を進行してもらう

OEM製造工場に託します。

 

自社工場があれば社内で編みや縫製することもできますが、

機械設備や縫製レベル等の環境により編みや縫製ができるものに

限定されることもあります。

 

そういったときに自社以外で製品を作成してくれるところに託す、

というのがOEMです。

 

 

例えばオリジナルサマーニットを企画して依頼したい時などは

多少ニットの知識があっても、なくても・・・

ゼロから取り組むとしたら、難しいですよね。

 

柄入りにするのか、素材を生かした無地にするのか

又、ゲージやデザインによっても変わってくるし、

工場の縫製レベルや仕上げなどなど

時間や費用なども時間がかかってきます。

 

工場の設備等により編みや縫製できるものが限定されることもあります。

でも、発注するアパレルや小売り側としては、工場を持たなくて済む

というメリットがあります。

 

製造工場としても、ネームバリューのあるアパレルや

小売業者の営業力(ブランド力)を活用できるといった利点があるんですね。

 

最近では、製造工場もサンプルアップの前にイラストレーターなので

作成したデザインを提案されいるところが増えてきています。

 

ではODMとは?

 

Original Design Manufacturing(またはManufacturer)の略で、

頭文字をとってODMとなります。

 

「D」はデザインのDで、基本的にはOEM生産と変わりませんが、

ODMでは商品企画(デザイン)や仕様までも製造工場の業者に任せます。

では工場を持たなくて済みますが、

 

ODMでは商品企画(デザイン)や仕様までも不要なので、

社内に企画担当はおかなくても済みますが・・・

やはり、オリジナルブランドやトレンドなど発信する場合などは

違ってきます。

 

製造工場のメリットとしては、

OEMと同じで営業力(ブランド力)の活用がありますが、

良い取引になると継続的な取引に繋がりやすいですね。

 

製造工場も企画開発力が必要になり、

提案から実際に販売する商品を提案し、スピード感を持って

商品作成が必要になってきます。難しいところですね。

 

 

アパレルOEMとODMの違いとメリットについてのまとめてました。

 

アパレルOEMとODMの違いとメリットについて、

説明してきましたが理解できましたでしょうか?

 

はっきりと境界線は難しく製造工場側も

OEMかODMかわからなくなる事もあります。

 

アパレル側ではその区分が厳密ではないことも多いのが実情ですね。

OEMとODM製造というと、単に商品アップを

委託するのみと思われがちですが、

 

商品展開や商品企画力が豊富になり、

幅広いターゲットにしやすくなります。

 

又、いくつかに相見積もりをとってみるのも一つの手段だと思います。

でも、長期的な視点で見ると、繊細に動いてくれる

製造業者や企画提案力がある

製造業者や企画会社と取り組むことが一番かと思います。

 

OEMとODMのどちらにしても、

オリジナルブランドを構築していき、

 

時間をかけてパートナーシップを育んでいくことも

必要があるかもしれませんね。

それが自社ブランドを成長させる大きな原動力になると思います。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニット素材の種類!

 

ニット?ニット素材ってなんですか?
っと思われますでしょね。
ニットには多種多様に素材があるで説明したいと思います。

 

ニット素材とはセーターやカーディガン、手袋、マフラー、ストール、ニット帽など
いろいろなアイテムで使用されています。
他にも、ニットジャケット、スカート、ワンピース、インナーにも多く使用されています。

 

秋冬ではふんわりとしたウール系が多く使われています。
羊(ウール)アンゴラ山羊(モヘヤ)アルパカ(アルパカ)ラクダ(キャメル)
カシミヤ山羊(カシミヤ)アンゴラウサギ(アンゴラ)

 

ラマ(ラマ)ビクーニャ(ビキューナ)などがあり、
これら全てが”動物繊維”と呼ばれる素材で人気があり多く使用されてるんですね。

 

動物繊維に共通した特徴として、繊維が弾力性に富み、

空気を多く含むということが挙げられています。
油分が含まれるので撥水性はありますが、吸水性は低いのが欠点の様です。

 

動物繊維は基本的に「動物性たんぱく質」で出来ているため、
虫食いが発生しやすいのが欠点ですが自然そのものですね。

 

そこに品質も求めるので、必然的に価格が高くなってきます。

又、動物の体毛はそのままの形で利用される例もあり、

また皮と共に毛皮として利用される例もあります。

 

羊毛(ウール)人間にもっとも近い家畜として殆どの世界全域で飼育されて、
各地で品質改良が続けられ今日の良質の毛を生産するようになっているそうです。

 

現在羊の種類は3,000種以上にのぼるそうです。
昆虫が作る繭からとる繊維を絹(シルク)も動物繊維に入ります。

 

では、特徴はどうなんでしょね。

 

「良い特徴」は繊維の太さが平均して細い規則正しい縮れ(クリンプ)が数多くあり、
保温効果が高く伸縮性に優れ、弾力性がある。水をはじきやすく、
湿気をよく吸収する。シワになりにくく、型崩れしにくいとされています。

 

「悪い特徴」は虫がつきやすく毛玉ができやすい。縮みやすい。フェルト状になる。

アイテムには冬物衣類(セーター、カーディガン、ニット帽)毛布ラグマットが代表ですね。

 

では、春夏の”植物繊維”はどうでしょうか?

 

植物繊維は綿と麻が一般的です。 綿は肌触りがよく、

吸水性のある素材として親しまれています。
成分はレーヨンや綿と同じセルロースで構成され、基本性能も同じですが、
レーヨンより強く、水につけても膨張しないなどの特徴があります。

 

主原料は植物からなり、コットン(綿)やリネン(麻)を加工し製造されたもので、
熱や洗濯などの摩擦に強い特長があります。

 

シルク、コットン、麻、レーヨンが人気で、
季節や用途に合わせて様々な素材でニットは編まれています。

特にコットン(綿)は、綿は「あおい科」に属し、きれいな花をさかせて、
花がさいた後にできる、白いボール(実)が成熟し、中から白い綿繊維が出ます。
それが綿(綿花)です

 

では、特徴はどうなんでしょうね。

「良い特徴」は肌触りがよく涼しい。吸水性に富み、熱に強くて丈夫。

染色性や発色性に優れている。
「悪い特徴」は縮みやすい。シワになりやすい長時間日光にあたると黄変しやすい。

 

さらに人気なのが麻ですね。

 

麻は非常に古い繊維で特にリネンは人類が用いた最古の繊維とされているそうです。
麻と言ってもその種類は20種近くに及んでおり、

 

植物から繊維を採集する部分(靭皮繊維・葉脈繊維)があり、
ストローのように中央に大きな穴が開いており、繊維が吸ったり吐いたりする力を持っています。

では、麻の特徴はどうなんでしょうね。

「良い特徴」は通気性が良く、水分の吸湿や発散性に優れているため、清涼感がある。

 

シャリ感がある。水に濡れると強くなる。
「悪い特徴」はシワになりやすく、摩擦で毛羽立ちやすい。保湿に乏しい。濃い色は白けやすい。

 

春夏素材を使用したニットアイテムはどうなんでしょか?

 

 

 

だんだん、気温も上がり、夏がすぐそこに感じられますよね。

2021春夏のニット素材を使用した旬のコーデを提案

したいと思います。

 

今の季節は白シャツに白シャツに5~3ゲージタイプのある

サマーニットを重ねて、花プリントのゆったりしたパンツを合わせて、

リラックスしつつも清潔感のあるコーデがいいですね。

 

春夏ニットはさらっとした素材感、ゆったりシルエットに、

V字の襟もとがかわいく・・・です。

ホワイト同士の組み合わせでも、素材感が違うのでいいです。

 

ローゲージで作れるロングベストは、ネイビーに明るいグレーのインナーでシックにコーデ。

ブラウスやTシャツを合わせたり、インナーの選び方で

 

キレイめからカジュアルまで使い回せます。

両脇には長めのスリットありで足さばきも楽ですね。

細身のジーンズでカジュアル感も出せます。

 

ネイビーのロングベストに映える、エメラルドグリーンの

組み合わせもいいです。寒色系のレイヤードスタイルですね。

 

特に、おすすめはシンプルですがニットアンサンブル!

 

リラックス感もあり、カラーはサックスブルー、

パステル系オレンジ、ピンクとかがいいですね。

 

アンサンブルインナーはリブでさらっとした薄手のゲージで、

春夏ずっと使えます。

組み合わせパンツは、ゆとりのあるシルエットでワイドすぎず、

 

気負わない大人のカジュアルさが重要です。

裾は軽くロールアップするのがアクセントなって今風にコーデ。

 

ニットの甘さを引き寄せるカーキ色パンツがいいです。

又、ゆったりしたサイズで着心地もよい、

上品で季節とわないV首ロングカーディガンや

ショートVカーディガンなどもおすすめです。

 

丈は程良いロング丈が63cm~66cm.ショートでは50cm~53cm。

着回しができ冷房対策には1枚は持っていたですね。

 

ホワイトパンツはすとんとしたストレートで

細すぎず、ワイドすぎず、キレイめからフェミニン系に

コーデするのもいいですね。

 

さらに、ベージュ、ホワイトなどのナチュラルカラーで

まとめて、サイドに入った深めのスリット、

 

前後差のある着丈で1枚でも着用ができ

モダンにもカジュアルにも合わせられるのでいいですね。

 

ニット素材を選ぶときはぜひ素材や機能性にもこだわってみるのもいいと思います。

 

++++++++++++++++++++++++++

大阪でこだわりセーター・ニットを小ロットから作成可能でございます。

お気軽にアルカンシェルまで、お問い合わせください。

TEL:06-6241-6187 Fax:06-6241-6144

https://www.an-ciel.com/contents/category/contact/

++++++++++++++++++++++++++

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問合せ・お見積もりはこちらまで

電話番号: 06-6241-6187 FAX:06-6241-6144
WEBでのお問い合わせはこちら

会社情報

株式会社アルカンシェル

住所

〒541-0057
大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-6-10 ニューライフ船場1501

アクセス

各線堺筋本町駅より徒歩約5分 [アクセスマップ]

about-fb